U&C婚活ブログ

Blog
2021/08/02

41歳福岡女性と29歳宮古島男性の軌跡 真剣交際編

こんにちは。

結婚相談所U&Cの水城です。

 

お待たせ致しました。

福岡在住Aさんと宮古島在住12歳年下彼とのその後です。

 

宮古島で真剣交際の告白を受けたAさんですが、ご両親への報告が終わってから自分の気持ちを整理しようと、正式な真剣交際のへのステイタスはまだお預けでした。

 

福岡に戻ってからのAさんは、目まぐるしく進んでいった宮古島での出来事を振り返り、落ち着いて心の整理を始めました。

どこかに置き忘れてきた【好き】という感情も徐々に取り戻すことができ、冷静に自分の心を見つめ直しました。

 

すると、やっぱり彼のことが大好き

 

そのことがちゃんと確認できると、彼との結婚を具体的に考えることができました。

宮古島にいるときよりかなり気持ちが前向きになっていくのを感じてました。

 

そうなると、いよいよご両親へのご報告です。

まずは、お母さんおひとりにお伝えしました。

お母さんには、友人の結婚のお祝いに宮古島に行くと言ってた彼女ですが、この時期に(コロナ禍)にわざわざ行くのは、何かあるなとお母さんも勘づいていたそうです。さすがお母さん

 

そして彼女はまだ彼の存在さえ何も言ってないのに、

お母さんから「宮古島なんて、そんな遠いところにお母さんはお嫁にやりきらんよ」と。

 

うっわーー なんで今そんなこと言うの 今からその話するのに。。。

 

もうどうしよう。。。

でも伝えるしかない。。

 

彼女は結婚相談所に入会したことから順序立ててお母さんに話しました。

初めはとっても驚いた様子のお母さん、宮古島になにかあるのかなとは薄々勘づいてはいたが、本当に結婚したい相手がいるとは、、そしてこの男性にお子様までいるとは。。

 

でも、お母さんは頭ごなしに反対することはなく、Aさんが幸せになるなら。。

彼女の心を優しく受け止めてくださったのです。

東京に行くのも、宮古島に行くのも同じだと

 

そして、何よりも私の記憶に強く残っているのが、お母さんが

「お相手のお子さんを私たちも自分の本当の孫として思っていくので、〇〇ちゃんもお子さんのことは何より大切に考えていってあげないとね」と。

 

もう、泣き虫のAさんは号泣

 

私もお話しを聞きながら心打たれました。

なんと素敵なお母さん

 

そしてその夜、お母さんからお父さんへ

 

お父さんは ひとこと

「うまくまとまるといいね- なんか涙が出る」とボソッと言っていたと

 

またまた彼女は号泣

 

本当にとても温かいご両親に大切に育てられた彼女

愛情豊かな心優しい彼女に育ったのは、まぎれもないご両親のお陰です。

素敵なご家族です。

 

泣いて泣いてご両親の愛と優しさの後押し頂き、彼女はまた一歩前に進めたのでした。

 

その後、本当に真剣交際にということで、ステイタスが💛マークに変更になりました。

 

真剣交際、おめでとうございます ♪ ♬

 

 

そして、お母さんの提案もあって、いつも二人だけでしていたビデオ通話に、可愛い〇〇ちゃんも一緒に参加

三人でのビデオ通話

 

こうやって、三人の絆がどんどんと強くなっていきました。

もうそこには【家族】がありました。

単身赴任してるママに、夫と娘がビデオ通話してるって感じです。

 

私は、その時の写メを見せてもらい、胸が熱くなり泣きました。。。

 

両親にも報告し、ここからは本気の結婚を前提のお付き合いです。

 

しっかりと地に足をつけて進んで行きましょう。。

 

次はいよいよプロポーズ編です。

お楽しみに。。

 

結婚相談所U&C 水城